井上名誉院長の変形性股関節症のお話

ホーム > 井上名誉院長の変形性股関節症のお話 > キアリ手術の術後経過は?

キアリ手術の術後経過は?

1)手術のあとの臥床期間は?

手術の翌朝には45~60°上体を起こし(電動ベットを使用)、午後には車椅子に乗っていただきます。

痛くないですか?
手術の前に、車椅子に移乗する練習、同時にトイレ訓練をします。手術を受けた股関節を動かさずに移動するコツを会得していただくと、耐えられる程度の痛みで行えます。

術前に行う車椅子移乗訓練

手術予定の股関節を副木で固定

股関節を動かさずに車椅子に移乗

2)何日目にトイレに行けますか?

  • 術翌日に車椅子に移乗しますので、そのあと、問題なければトイレに行っていただきますが、痛みとか不安感があるときは術後2日目になります。
  • 車椅子はリクライニング構造です。
  • トイレは車椅子使用者用の構造です。

3)何日目で歩けますか?

術後1週間目には、手術をした股関節には体重をかけずに平行棒を使って歩行練習を開始します。

その後の移動方法は?
いったん松葉杖歩行が出来るようになっていただきますが、そのあとは主として車椅子を使用していただきます。

4)痛みはいつ取れますか?

術前に感じていた変形性股関節症の痛みは、術後、荷重歩行を開始した時点で取れています。

5)全荷重が許可される時期は?

早い方で術後3ヶ月経過後ですが、平均的には術後4ヶ月経過後です

6)杖がはずせる時期は?

全荷重歩行が許可されても、跛行が取れるまで使用していただきます。

pagetop