井上名誉院長の変形性股関節症のお話

ホーム > 井上名誉院長の変形性股関節症のお話 > この手術は何歳まで可能か?

この手術は何歳まで可能か?

①キアリ手術は何歳まで可能か?

  1. 前・初期例では年齢制限はありません。
  2. 進行期・末期では50歳代まで手術を行っています。

②進行期・末期例に対する年代別の除痛に関する成功率は?

柳川リハビリテーション病院での成績は(術後5年以上経過例について)

  • 30歳代は13例中10例 77%の成功率
  • 40歳代は40例中33例 83%の成功率
  • 50歳代は47例中32例 68%の成功率(50歳代の前半は71%、後半は58%)
  • 100例全体の5年成績は成功率 75%
  • 私達が手術をした患者さんのほとんどが、他院で「人工関節への置換やむを得ない」と言われていることを考えれば、「青・壮年期の75%の方が人工関節を避け得た」ということの意義は大きいと思います。

「50歳代の進行期・末期股関節症に対するキアリ手術」の項を参照して下さい。

pagetop